2011年7月31日日曜日

windows上でディスプレイ電源を切る時間を設定するショートカット

windowsには無操作状態(キーボード,マウス操作をしない)で一定時間が経過すると,
画面信号をオフにしてディスプレイをスタンバイ状態にする機能があります。
画面信号をオフにする時間は,電源設定管理から任意の時間に変更することができます。

ただこの時間設定が曲者で,1~5分設定じゃないと節電効果がなかったり,
逆に楽しく動画を見てたら急に画面が暗くなったり120分に設定しなおすハメになったりと,
結構な頻度で設定の変更を迫られます。

以前にwindowsXPを使っていた頃は,ディスクトップの右クリックから時間の変更を行っていました。
が,windows7はディスクトップから電源設定管理に行き着くまで,
少し時間がかかるようになってしまいました。
なんとかしたいと思ってWEBで色々調べたら,↓のサイトが見つかったのでマネをしました。
モニターの電源を切るまでの時間指定を楽に変更する方法 (らいっちのPC奮闘記
 ようするに,ディスクトップ等にコマンドファイルを作り,それをクリックすることで時間を設定することができるようになるようです。

例えば5分間無操作で画面をオフにしたい場合

① メモ帳で
powercfg /x /monitor-timeout-ac 5
と記述して保存する。

② 保存したtxtファイルのファイル名を
モニター5分.bat
に拡張子ごと変更する。

③ モニター5分.bat をクリックすると,設定時間が5分になる。

出来たファイルはディスクトップに置いて,設定をを変えたい時にクリックします。
60分のコマンドファイルを作りたい場合は,上の5を60に変えるだけです。

その他の情報としては

・windowsの設定を変更するため,実行には管理者権限が必要なことがある。
・ /monitor-timeout-ac電源に接続(AC電源)時の電源設定
・ /monitor-timeout-dc ならバッテリー接続(DC電源)時での設定。
・オプションの詳細はコマンドプロンプト
powercfg /?
で表示することができるとのことです。

0 件のコメント:

コメントを投稿